2020年6月1日
視力検査(2年生)



視力を測定しました。矯正している場合は矯正視力だけを測りました。使用した用具は一回ごとに消毒し、感染防止に努めながらスムーズに視力検査を行いました。



2020年6月1日
授業再開(3年生)




3年生は早速、教科の授業が始まりました。担任の先生方は自分の学級の授業中でもクラスの後ろで生徒を見守っています。



2020年6月1日
授業再開(2年生)




2年生も委員会や係活動、学級委員決めなど組織作りから1日の授業がはじまりました。



2020年6月1日
授業再開(1年生)




1年生の授業風景です。中学校生活についてのオリエンテーションやテストの受け方、学校生活のルールや約束などが主な内容です。



2020年6月1日
ZOOMによる全校テレビ集会〜学校再開にあたって〜




テレビ会議ZOOMを使って全校集会を行いました。校長から学校再開にあたっって全生徒に向けて主に2つのメッセージがありました。

1つ目には「新型コロナウィルスの感染防止」についてです。感染はどこでも起こる可能性があり,みんなが感染防止の意識を高めていく必要があること。特に検温の徹底、マスク着用、こまめな手洗いや消毒、ソーシャルディスタンスの意識を一人一人が高めることが大切であるということを伝えました。

2つめは「いじめ、差別、偏見」などについてです。
不安や恐れ、困りごとなど心の中のストレスを解消するために他人を陥れたり、からかったり、心ない言葉や行為で傷つけるようなことが絶対ないようにしてほしいということ。他の人には見えずらいLineやTwitterなどSNSを通した誹謗中傷や攻撃は重大な事態を引き起こしてしまう。感染した人、濃厚接触者、医療に携わる人たちやその関係者に対する憶測やデマによる心ない行為は人としても絶対してはならないこと。ソーシャルディスタンスを口実にした悪ふざけやからかいなどもいじめであり、絶対に許されない行為であるということを伝えました。
自分ではその意図がなくても、相手の受け取りはときに深く、心の奥に突き刺さるものであるかもしれません。コロナに限らず、守中からそのような残念なことが起きないようみんなで心がけましょう。




2020年6月1日
全学年の生徒が登校しました



昇降口で分散登校と同じように学年別に分かれて検温チェックを行いました。今日から全学年通常登校です。感染防止に注意して活動が始まります。令和2年度の実質的な再スタートです。



2020年5月31日
生徒の皆さんへ  (メッセージ32)

長い休業中、不安や困りごとや悩みごとなど心の中に色々なことを抱えている人かいると思います。

心の中になにかストレスを感じていると、それをいろいろな形で解消しようとするのは誰でも同じです。それが「いじめ」につながるような言動で行われるとしたら、それは絶対許されないことです。

新型コロナウィルスは誰でも感染する可能性があります。感染した人、濃厚接触者、感染リスクの高い仕事に従事する人やその関係者に対する心無い言動はいじめ、差別、偏見であり、許されません。SNSや根拠のないデマや憶測で間違った行動をとるようなことのないようにしてください。

また、ソーシャルディスタンスを口実にして、仲間外れにする行為なども、いじめにほかなりません。人として、してはならない行為で、絶対に許されないし、許しません。

時には自分としては、冗談や悪ふざけのつもりでも受け取る側の心理は、深く、傷つき、取り返しのつかない事態になることもあるかもしれません。面白おかしく、誰かを取り上げ、傷つくような言動は絶対しないようにお願いします。SNSでも同じです。もしもそのような行為があればとても残念です。

皆さんが安心して生活できるよう、お互いが正しい相手意識(思いやり、やさしさ)をもって生活するよう心がけましょう。

先生方は生徒みんなが楽しく、各自が思いきり夢の実現に向けて生き生きと学校生活を送れることを一番に考えています。明日からの学校生活を良いものにするために、守るべき約束、ルール、マナーを守っていきましょう。




2020年5月31日
生徒の皆さんへ(学校再開を明日に迎えて)〜メッセージ(31)




6月1日(月)この日が、本年度になって守中の生徒全員が揃う最初の日です。学習面、生活面、運動面での皆さんの活躍を期待しています。学校が皆さんを待っています。

ここで、登校前日にもう一回皆さんに伝えたいことがあります。それは感染防止です。

登校前には検温を必ず行い,記入してください。
風邪症状や平熱以上のときなどは休んでください。
マスクを着用してください。
登校後は手洗いを行うこと。
授業後や活動した後にも手洗いや手指の消毒を行うこと。
休み時間など久しぶりにあった友達とのコミュニケーションでも、ソーシャルディスタンスを心がけること。
学校が再び閉じるようなことのないよう、各自が感染防止を心がけ、「新しい日常」を実践していきましょう。

また長い休業中にあった多くの不安、悩み、先々への不安など、心に抱えているものがあれば先生に相談してください。




2020年5月29日
下校時の様子



下校時にも登校時と同じように先生方全員が外に出て、「月曜日、待ってるよ」「気をつけて帰りなさい」などと声をかけながら生徒達の下校を見送ります。
月曜日は令和2年度になって守中全生徒が集まる最初の日です。感染予防に注意しながら学校を再開したいと思います。




2020年5月29日
「コロナに負けるな!」下校後の教室等の消毒作業




「コロナにまけるな」そんな気持ちをこめて、教室などの消毒を行いました。



2020年5月29日
休業中の生徒の皆さんへ(メッセージ30)

メッセージ(30)はおそば屋さんでの経験から学んだ「人との絆づくり」という内容です。

常磐線のある駅に、ちょっと評判のそば屋さんがあります。学生さんやサラリーマン、ふらっと立ち寄る人たちでいつも賑わうそば屋さんです。そこの店のそばには、大きな唐揚げが乗っていて、唐揚げ1個で「1個そば」2個で「2個そば」と呼び食べ応えたっぷりだそうです。

そのそば屋さんで働いていた人の話です。その人はお客さんが食べたあとの器を洗ったり、ネギや七味などの薬味のを補充したり、テーブルを拭いたりして一日約6時間働いていたそうです。

その日も大勢の人が来て、目が回るぐらい忙しい時間に、彼は食器を洗うこと以外他の仕事に手が回らないほど忙しくしていたそうです。「お客が食べ終わったあとのテーブルをきれいにしなくては...」と思っても手が回らない。そのとき、一人のお客さんがだまって布巾に手を伸ばし、自分のテーブルをきれいにしただけでなく、他の人が食べた後のテーブルも拭いてくれたのです。

そのときの彼は、一秒の時間も欲しいほど忙しかったけれど、すべての手を止めて、深々とそのお客さんに「ありがとうございました」とお礼を伝えました。

そのお客さんは、その後もときどき、その店を訪れ、自分の食べた後は必ず丁寧に拭いて帰って行くそうです。そして帰り際、そのお客さんとは必ず目を合わせて、ほんのちょっとの笑顔での無言の会話を交わすのだそうです。

「自分にくれた小さなボランティア(思いやり)に心から感謝したし、大きなことを学んだ」と彼は言っていました。

上から目線、見下す態度では本当の関係は築けない。
「本気で相手に感謝する」「本気で相手をリスペクトする(認める)」ことが、人間関係を温かくすると彼はしみじみと思っているそうです。

学校生活に置き換えて「上も下もない,みんなが本気で認め合う仲間集団、本気で感謝できる仲間集団=いじめのない学校」は守谷中が本気で目指す姿です。




2020年5月29日
先生とひさしぶりの対話


水道の手洗い場所で、廊下で、教室で、いろいろな場所で、生徒と先生が、対話する様子が見られました。休業中のこと、これからのこと、学級のことなど、相談し合う姿がようやく戻ってきた感じです。



2020年5月29日
組織作りを進めました




委員会活動 学級係などの組織づくりが進んでいます。



2020年5月29日
3年生も個人写真を撮影しました



3年生の撮影場所は初夏の日差しでまぶしい緑を背景にした2階の屋外フロアーです。3年生の明るい笑顔がまぶしいほどでした。



2020年5月29日
学年別登校(3年)〜朝の見守り〜




守谷中の先生方は学年に関係なく、生徒をみんなで見守ります。今日は3学年の登校日です。担任以外のすべての先生方で生徒の登校を見守ります。



2020年5月28日
休業中の生徒の皆さんへ(メッセージ29)

メッセージ(29)は「他人との比較」から「自分との比較」という内容です。

かつてどの中学校でも中間テスト,期末テストなどの定期テストや実力テストが終わった後で、「テスト結果発表」として、点数と順位が廊下の掲示板など目に付く場所に張り出されました。しかも30位までとか50位まで、点数順に、順位、氏名、点数が黒々と墨で書かれて掲示されるのです。

普段からあまり目立つこともない生徒で、しかも自分の方ができると信じていた生徒が、いきなり上位にランクインしているを見たものなら、ランクインしていない自分が情けなく思えて仕方がなかった。そのときだけは「自分も次こそ頑張らないといけない」と深い反省をしたものです。

この「テスト結果発表」は当時の先生方から生徒達に向けた”叱咤激励”でした。見事に名前が書かれた生徒(特に上位に入ったまたは前回よりも点数や順位が上がった生徒)にとっては”激励”であり、そこに書かれなかった生徒にとっては”叱咤”だったのです。当時を知る大人は皆、「あれは嫌だった」と話します。

今はそのようなことはしていません。かつては「他の生徒と比較しての結果が基準でした。今は自分の求める姿を±0として、今回それと比較してどう変容したか、つまり自分自身が基準です。

他と競うことで自分を高めることもあっていい。でも校内で1位になったとしても、市内では、県南地区では、県内では、全国では.....と考えると上には上があるもので、やはり他と比較だけではきりがないと思います。

イチロー選手の言葉を借りれば「成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。」

自分に対して「これでいいのか。これでおまえは満足か」と問い続けることで、次の目標を目指していく生き方が、これからは求められるのではないだろうか。




2020年5月28日
学級活動を行いました



中学生としての心構えや感染予防に対する注意点,6月からの登校についての確認など行いました。



2020年5月28日
デジタル学年集会(1年)




通常なら、体育館で行う学年集会ですが,今回はデジタル学年集会です。事前に用意した動画をつかっての各先生からのメッセージを学級で視聴しました。

学年主任の武藤先生からは小学生から中学生へのChangeをChanceに変えていくのは自分自身。「ためらい」は無用。監督も脚本も主人公も自分だ。舞台は守谷中。先生方はみんなを応援します。」と熱いメッセージがありました。

生徒達も自己紹介カードをもとに月曜日にはお互いに自己紹介をしていく予定です。





2020年5月28日
学年別登校(1年)〜学校探検〜



図書室でのルール、職員室の入り方、保健室でのルールなど、守谷中学校の教室の場所とそのルールを確認しました。



2020年5月28日
学年別登校(1年)〜写真撮影編〜



2年生と同じように生徒手帳などに使う個人写真を撮影しました。これからの中学3年間で顔を体も心も成長するのでしょうね。



2020年5月28日
学年別登校(1年)〜朝の教室で〜




1年生、朝の生活リズムがすでに身についています。



2020年5月28日
学年別登校(1年)〜昇降口編〜



整然とした靴箱です。気持ちいいです。自分から正しい行動を率先して取る姿勢や周囲の状況をから正しい行動を取ろうとする姿勢が、昇降口の靴箱からも見られます。



2020年5月28日
学年別登校(1年)〜登校編〜




登校班が当たり前だった小学校のときとは違います。登校は自転車で登校する生徒がほとんどです。まだ慣れないのか、荷物を自転車から降ろしたあと、鍵をそのままにしてしまう生徒が見られ、先生から声をかけられる生徒もいました。自分のものは自分で管理するという中学生としての第一歩です。



2020年5月27日
英語の授業での対話活動で活用できそう




生徒が英語でALTと対話するための工夫です。また生徒同士が対面で話す場面でも使えそうです。



2020年5月28日
休業中の生徒の皆さんへ(メッセージ28)


メッセージ(28)は「古い石碑」からたどり着いた「自分自身への戒め」という内容です。

大きな樹木が生え昔からの道を歩くと,ときどき古い石碑などを見かけます。先日,ある場所で3つ並んで置かれてある古い石碑を発見したのです。表には3つとも同じく「馬頭碑」と刻まれていました。「馬頭碑」とは『その時代、馬が移動や荷運びの手段として使われることが多くなり、馬が急死した路傍や馬捨場などに馬への供養塔として祀られた碑』をいいます。

それらの石碑の側面には「天明」「文政」「明治」とそれぞれ年号が刻まれていました。「天明」は1781年から1789年までの9年間で,「文政」は1818年から1831年までの期間で,それぞれ「天明の飢饉」や文化・文政の「化政文化」の用語で歴史でならった時代名です。

これらの石碑を発見したとき「タイムスリップ」に似た不思議な感覚になりました。まず最初に「この石碑には長い長い約200年もの時間が刻まれたままになっていて、自分が生きてる今の時代は,この刻まれた石碑が抱えてきた時間の延長上にある」との実感。

「だれかがそれを彫り、そのまま今に残る。そこには長い時間の流れをこの目で見ることはできないが、その時間の流れを証明するものとしての石碑が,その時代が自分の目の前にある」。そう思うだけでとても不思議な感覚に包まれたのです。

その場所は今でこそアスファルトで舗装されているけど、当時の人々がここを通るたびに,泥が馬の足を滑らせ、馬は苦しそうにいななき,立ち止まり、滑り落ちそうになるのを,馬を引く人が檄を飛ばし、やっとの思いで登る様子がまるで映像のように目の前に映りました。

「時間は留まることなく連綿と流れていく。時間そのものには感情も意味もない。その時間に”意味づけ”をするのは、その時間に生きる人であり,自分たちである。」そんなことを思いました。また「今を生きる人々は後生の人々にどんな時代を刻み残していくのか」。(それは石に刻んで残すのではなく,デジタルや磁気による記録になるのかもしれませんが。)

最後に「自分はどんな自分の歴史を刻むべきなのか。10年後の自分に恥じない自分を残したい」との思いにたどり着きました。




2020年5月27日
身体測定を行いました




前回からどれだけ身長や体重が変わったでしょうか。2年生全員、3コマ目の時間、体育館で身長と体重の測定が行われました。

測定が終わって、体育館から教室に戻る際、生徒達の会話。「身長測るとき、ぐりぐり髪の毛、押さえられなかったから、身長何ミリか違ったかも。ラッキーかもね」「2cm伸びた〜」など様々です。とても微笑ましく感じました。




2020年5月27日
「学校再開に向けたご家庭での協力のお願い及び6月の給食について」


すでに上記のことについては、学校ホームページでご確認いただいていると思いますが,再度「連絡BOX」をクリックしていただいて、「学校再開に向けたご家庭での協力のお願い及び6月の給食について」をお読みいただき,ご理解とご協力をお願いします。



2020年5月27日
2年生の写真撮影を行いました




今日は40分3コマの日課です。1コマ目から2コマ目にかけて、生徒手帳用の写真撮影を行いました。普段は制服姿ですが、今年度は体操服での写真撮影です。



2020年5月27日
学年別分散登校(2年) 〜朝の読書タイム〜




学級の生徒達全員が教室に戻ってきました。「やはり学校はこうじゃなきゃ」と多くの生徒が感じたのではないでしょうか。感染リスクに備えるための、守中オリジナルのビニールシールドが役に立っていました。

各教室では、生徒達が登校すると「朝の読書タイム」です。静かな時間が流れていました。だれひとり話し声は聞こえません。






2020年5月27日
学年別分散登校(2年) 〜登校指導〜 




今日から3日間、学年別分散登校となります。今日27日(水)は2学年が全員登校します。朝は他学年の先生方が通学路の危険箇所や、通学門周辺で生徒達の安全指導を行いました。いつもの検温チェックは2年生の先生方と保健室の中村先生、教頭先生が担当してます。



2020年5月26日
休業中の生徒の皆さんへ(メッセージ27)

メッシージ(27)は「コップの水」と「目標達成」という内容です。

分散登校2日目、教室の入り口に貼られた学級の名簿や黒板に大きく掲示された座席表をみて、学校再開をしみじみと実感したのではないでしょうか。

「守中生になって」「中学2年になって」「中学3年になって」の一人一人の抱負や目標は、普段はあまり表だって意識はしないけれど、心の中ではいつも考えている自分自身への課題意識なのかもしれませんね。
「目標は実現してこそ」頑張ってほしいと思います。

以前「成績がどんなに勉強しても伸びてこない。順位も上がらない。」と真剣に悩んで相談に来た生徒がいました。そのときその生徒には「コップの水」を例えて次のように話しをしました。

空のコップに一滴ずつ水を垂らしていくとすると、10滴垂らしたとしても、コップの水かさにそれほどの変化は見られないだろう。でも絶え間なくこの1滴繰り返し繰り返し落とし続けていけば、あるまとまった時間が過ぎたとき、水かさを確認すると大きな変化に気付くものだ。

結果はすぐには見えない。ほんの少しだけ、目には見えないほどの変化かもしれない。コップすり切れいっぱいの水は、表面張力でなかなか溢れてこない。あと一滴かあと2滴の努力で成果が見えたとしたらどうだ?そこで君はやめてしまうのか?」と。

そして「早い人なら3ヶ月、普通で6ヶ月、長い人なら10ヶ月はかかる。君が早い人か、普通の人か、遅い人かは分からないが、もしも6ケ月以上、熱心に学習に取り組んでいたとしたら、そろそろ成果がでるかもしれない頃だ。もし結果がでなければ、君は遅くともあと3〜4ヶ月続けてみるといい。きっとかならず順位も上がってくるから。自分を信じて頑張ってみる。きっと点数も伸びてくるから。」

そのとき伝えたかったのは、ただ結果を急ぎ、結果だけに気を取られるのではなく、毎日の小さな充実感や達成感の積み重ねていくことが結果につながるいうことでした。

ちなみにその生徒は、秋の終わりの実力テストを区切りに点数と学年順位をぐんぐんと伸ばし、目標を達成しました。本人は「8ヶ月ぐらいかかった。」と言っていました。

コップに水なら,それほど長い時間はかからない。でもおなじ一滴をお鍋に垂らし,満タンにするとしたら、長い長い時間がかかります。目標の大きさでかける時間も、長くなるかもしれません。でもそれだけやり遂げたあと、自分に身についた力は相当のものだと思います。





技術家庭科室等のコロナ対策
〜遮蔽シールド設置完了〜




 対面で授業を行う技術家庭科室や職員室前ホールおよび放送室の机の上に遮蔽シールドを設置しました。



2020年5月26日
新たな感染防止グッズ完成



感染防止対策のため,技術室と家庭科室用に机の上に仕切りをつくり話し合いが可能になる,ビニールシートスタンドを制作しました。コミュニティーホールでも活用していきます。



2020年5月26日
分散登校2日目 〜下校風景〜




今日は40分の2コマの日課でした。1年生は先生から受け取った自転車のステッカーを自分で貼ってからの下校です。2年生や3年生は友達や先生とあいさつを交わしての下校です。



2020年5月26日
下校の様子 そして生徒の皆さんが帰った後は…




2日間の分散登校が終わりました。久しぶりに登校した生徒たちはみんな笑顔で過ごし,先ほど下校しました。生徒のみなさんが帰った後は,先生方がしっかりと消毒を行っています。
明日からは,学年ごとの分散登校になります。27日(水)は2年生,28日(木)は1年生,29日(金)は3年生の登校日です。朝の検温を忘れずに登校してください。




2020年5月26日
休み時間の様子 〜廊下や教室で〜



友達との会話や先生との会話がうれしいです。



2020年5月26日
1年学級活動 〜中学生になっての目標を短冊に〜




部活のこと、学習のこと、友達のこと、小学校での反省をもとに中学校での目標を短冊にします。





2020年5月26日
2年学級活動 〜2年生への抱負〜




2年生になって、自分が目指すべき目標を文章にしていきます。しっかりした文字で書かれた決意文が教室に掲示されます。



2020年5月26日
3年 学級活動 〜学級組織づくり〜




学級グループの班長、副班長他、係決めを行っています。だんだんクラスの組織が生徒によってつくられていきます。



2020年5月26日
第1学年 分散登校 2日目




緊張しながらも、担任の先生の話をしっかりと聞いて、黙々とやるべきことに取り組む様子が多く見られました!



2020年5月26日
朝の学活の様子(1年生)







2020年5月26日
分散登校2日目〜1年生朝の読書の様子〜




守中生として、1年生も朝の読書に取り組んでいました。読書は一日のスタートを切るための大切な時間です。一日10分の読書が1年続くと相当な読書時間となりますね。



2020年5月26日
分散登校日2日目 〜2・3年生 朝の読書の様子〜




登校して教室に入ると、すっと自分の席に座り、読書を始めます。忘れた生徒は見られませんでした。すばらしい。



2020年5月26日
分散登校2日目 〜駐輪場 昇降口 〜




分散登校2日目の今日、久しぶりの友達との再会に生徒達はうれしそうでした。生徒達は昨日のグループと同様に自転車置き場での駐輪、昇降口でのカード確認、検温室の検温などスムーズな動きができました。



2020年5月25日
休業中の生徒の皆さんへ(メッセージ26)

SNS(ライン、ツイッターなど)でのいじめや誹謗中傷に対して、今大きな議論が高まってきています。

あらためて、そのきっかけとなっているのは、女子プロレスラーKHさんへの誹謗中傷です。無責任に、しかもなんの関係のないKHさんに対しての誹謗中傷の数々。本人にしてみれば、見えない人から、いつ、どんな誹謗中傷が自分に向けられてくるか分からず、毎日不安でつらい日々を送っていたのでしょう。

そして、大きなことが表沙汰になると、誹謗中傷をしていた人達は、あっという間に、自分のアカウントを削除し、自分の行ってきた足跡を消してしまう。卑劣だと思いませんか。こうした行為が許されていいはずがないのです。

皆さんは「人権」という言葉を聞いたとことがあると思います。だれでも、どんな人も幸せになり、夢を追いかけ、自己実現をする権利があります。

反対に、人を不幸にしたり、傷つけたり、不安にしたりする権利はだれも持っていないのです。

「人権」関わる問題や事件は自分達とかけ離れた場所で、起きていると思う人もいるかもしれません。

でも、もしかしたら「いじめ」や「いじわる」といった形で、身近に隠れているかもしれません。

もしも生徒の皆さんの中に、苦しんでいる人がいたら、あるいは苦しんでいる人を知っていたら、「学校生活のアンケート」などを利用して、あるいは相談できる先生に遠慮なく相談してください。




2020年5月25日
第1学年 分散登校



1年生は入学式ぶりの登校でした。
少し緊張している様子。
徐々に守中の生活に慣れていきましょう!




2020年5月25日
下校後の感染防止(消毒作業)




教室の机、椅子、その他生徒の下校後には先生方がみんなでアルコール消毒を行いました。
感染防止にむけて、学校では様々な工夫を行います。各ご家庭でも、感染防止のためにご協力ください。




2020年5月25日
今日から分散登校が始まりました(授業の様子)



今日は進級や進学にあたって自分の目標を書いたり、各クラスごとの組織づくりも少しずつ始まっています。



2020年5月25日
今日から分散登校が始まりました(朝の教室の様子)




久しぶりに自分の席を確認し,さっそく家から持ってきた本を取り出して、朝の読書に取りかかりました。

今日と明日の日程はすでにお知らせしたとおり、次の通りです。
 
 8:15 登校
 8:15 〜  8:25 朝の会
 8:30 〜  9:10 1校時
 9:20 〜 10:00 2校時
10:00 〜 10:10 帰りの会
        10:20 完全下校








2020年5月25日
今日から分散登校(登校時の様子)

[↓次へ↓]